読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆君はシンセ・デュオ『JULLAN』(ジュラン)を知ってるかい?【君知りシリーズ第5弾】◆

 

 

オッドアイ猫読者の皆さん『おはようございます!』アッキーですビックリマーク爆笑晴れ

 

オッドアイ猫昨晩から少し小雨が降ってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうかはてなマーク

 

オッドアイ猫さて、今回は1980年代に現れたシンセサイザー・デュオ『JULLAN』 (ジュラン) について紹介したいと思いますビックリマーク

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100748j:plain

 

オッドアイ猫ジュランは当時、一橋大学の学生であったHIROSHII(瀬川博史)さん昭和35年6月4日生)と、『ATSUSHI』(山田 敦)さん(昭和37年8月2日生)の二人で結成された、シンセサイザーを基本とするエレクトリック・ポップ・デュオで、デビュー前に当時の坂本龍一の人気ラジオ番組『サウンド・ストリート』で紹介された事もありましたニコニコ音譜

 

オッドアイ猫『Rouge Train』発表の頃からATSUSHIさんが脱退して、代わりにTADASHIとHIROSHIの二人で活動していましたニコ音譜

 

オッドアイ猫ジュランの歌は基本英語で、日本よりも海外進出をねらっていたような印象を受ける歌とサウンドでしたチュー

 

オッドアイ猫その当時、デモテープを送ったイギリスの『Melody Maker』(メロディーメーカー)誌で絶賛され、カルチャークラブのボーイジョージからも「日本から世界に飛び立つグループだ!」と褒められたという都市伝説も残っています照れ

 

オッドアイ猫現在、ネット上を調べても数少ない情報しか無いのですが、その中で歌が下手とかメロディーとアレンジが単調でと言う意見が多数ですが、アッキー的にはあのボーカルの歌い方とアレンジは、エレクトロ感を出すためにもベストだったと思いますニコニコ

 

オッドアイ猫彼らの音楽は現在聴いても全く古さを感じませんし、出来たらぜひ彼らに復活して欲しいと思っています爆笑

 

オッドアイ猫では、ジュランのディスコグラフィーとして、発売されましたシングルとアルバムを紹介しますビックリマーク

 

◆シングル◆

デビュー『 Imaginary Doll』 1984年 Sound Design

A Imaginary Doll

B  PASSING GIRL

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100808j:plain

 

2nd 『BECAUSE of LOVE』 1984年 Sound Design

コーセー化粧品 秋のキャンペーン・ソング

A BECAUSE of LOVE

B TO BE or NOT TO BE

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100820j:plain

  

3rd 『Rouge Train』 1985年 Sound Design

A Rouge Train

B TELL ME TELL ME

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100847j:plain

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100859j:plain

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100907j:plain

 

 

*未確認 『Love Somebody』 1985年 Sound Design

 

◆12inch シングル◆

『Because of Love』 ビコーズ・オブ・ラブ Sound Design

A-1 Because of Love (English)

B-1 Because of Love

B-2 TO BE or NOT TO BE

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100929j:plain

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100939j:plain

 

『Rouge Train EXPRESS』 ルージュ・トレイン Sound Design

A-1 ROUGE TRAIN EXPRESS

B-1 LOVE SOMEBODY

B-2 AFTER LOVE IS GONE

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510100954j:plain

 

◆アルバム◆

1st 『Imaginary Doll』 イマジナリー・ドール 1984年 Sound Design

HIROSHI:vocal・synthesizers・acoustic piano・MC-4 & LINN Drum programming
ATSUSHI:vocal・synthesizers・guitar

support musician:藤井章司:drums
produced by 筒井望
mixing engineered by 梶 篤
recording engineered by 鎌田岳彦・河合十里

 

A-1 Enough To Dance
A-2 Beware Of Love 
A-3 Mysterious Marionette 
A-4 Life Without You 
A-5 Imaginary Doll 
B-1 Electric Day 
B-2 The River Flowing To Death 
B-3 Passing Girl 
B-4 Melody For You 
B-5 The End For The Beginning

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101019j:plain

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101029j:plain

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101040j:plain 

2cd『Electromance』 エレクトロマンス 1984年 Sound Design 

A-1 Mind Kiss 
A-2 Be With You 
A-3 The Window 
A-4 Torn Hearts 
A-5 You're My Baby 
A-6 Because Of Love 
B-1 To Be Or Not To Be 
B-2 Happy Birthday To My Girl 
B-3 Heart Of Love 
B-4 Time To Be Apart

 f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101123j:plain

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101141j:plain

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101152j:plain 

3rd『PULSE』パルス 1985年 Sound Design

A-1 DEPEND ON YOU
A-2 STOP THE RACE
A-3 THE SIP
A-4 SAVE THEM
A-5 TIME (FOR PEOPLE)

B-1 LET'S DANCE EVERYNIGHT 

B-2 ELECTROMONCE 

B-3 LOVE SOMEBODY 

B-4 CIRCULATION

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101212j:plain

  

オッドアイ猫ジュランは1984年9月26日に、東京・九段会館でライブを行っていますニコ音譜

 

オッドアイ猫ここで全4曲を聴くことが出来ます笑い泣き

 

JULLAN東京・九段会館ライブ[1984.09.26]

 

オッドアイ猫ついでに、当時放送されていたNHK-FM『サウンド・ストリート』について解説しておきますニコ

 

オッドアイ猫この番組は以下の著名なパーソナリティーによって放送されていました、当時の若者達に絶大な人気があったラジオ番組です爆笑音譜

 

月曜日:佐野元春
火曜日:坂本龍一
水曜日:甲斐よしひろ
木曜日:山下達郎
金曜日:渋谷陽一

 

オッドアイ猫教授(坂本龍一)は1981年4月7日~1986年3月18日までの"火曜日"を担当していましたニコ

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101235j:plain

 

オッドアイ猫その番組の中でも『デモテープ特集』と言うアマチュアの作品を紹介するコーナーがありまして、それがとても人気がありましたチュー

 

オッドアイ猫この中で『ジュラン』の二人が紹介されたり、アマチュア時代の『槇原敬之』さんや『テイ・トウワ』さん等の曲も流れたことがありましたグラサン

 

オッドアイ猫ジュランは1983年11月8日の『第5回 デモテープ特集』で紹介されましたニコニコ

 

オッドアイ猫その時、教授が『この二人は機材を完璧に使いこなしている。レコード会社がスカウトしたら良いのではないか』とコメントしていて、実際に翌1984年にポリドールレコードから、シングル『Imaginary Doll』でデビューを果たしたのでした爆笑

 

オッドアイ猫自分は、ジュランの中で特にも好きなのは『Imaginary doll』と『Electric day』『Because od Love』『Rouge Train』ですニコ

 

オッドアイ猫『Imaginary Doll』はデビューシングルで、その後のアルバムにも収録されていますが、微妙に音が違っています照れ

 

オッドアイ猫自分はシングル版の『Imaginary Doll』の方が好きですニコニコ

 

◆Imajinary Doll JULLAN◆

 

オッドアイ猫ちなみにこの『Imaginary Doll』は、日本未発売のバージョンがありますニコ

 

オッドアイ猫イギリスで発売されたコンピレーション・アルバム『BLUSH ON BLACk』に入れられた曲で、日本版の物とは違い、Roland TR-808を基本としたリズムに、フェーザーを深くかけたようなボーカルをかぶせていますチュー

 

オッドアイ猫アルバムの2曲目に収録されていましたグラサン

 

 

Blush On Black 1984年 UK

A-1 Pleasure In Pink Run  4:00 
A-2 Jullan Imaginary Doll  3:30 
A-3 Zaine Griff Mental Pictures  3:54 
A-4 Stranger Than Fiction One Life  5:28 
A-5 Duffo And So It Rains In Venice  4:07 
A-6 Fear Of The Dark Love That Burns  5:01 
B-1 Zaine Griff Turn Out The Light  3:04 
B-2 Pleasure In Pink Turn To Fall  4:51 
B-3 Duffo I Want To Be The Pilot  3:50 
B-4 Listen (3) Here Come The Rats  4:20 
B-5 La La Bam Bam Is It...?  4:23 
B-6 Stranger Than Fiction Breaking The Bond

 

オッドアイ猫なんと、このアルバムを"soundcloud"で見つけましたので、興味のある方は聴いてみて下さい

https://soundcloud.com/blush-on-black

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101250j:plain

 

オッドアイ猫『Electric day』は、アルバム版と、サウンド・ストリートで紹介された"デモテープ版"がありますが、どちらも格好良くて好きですニコ

 

◆Electric Day JULLAN◆

 

◆Electric Day JULLAN サウンドストリート デモテープ・バージョン◆

 

オッドアイ猫『Because of Love』は、日本語版と英語版がありますが、普通にシングルで発売された日本語版の方が好きですチュー

 

◆Because of Love JULLAN◆

 

オッドアイ猫『Rouge Train』はシングル版と12インチ版がありますが、どちらも好きですニコニコ

 

オッドアイ猫特にイントロの部分がものすごく哀愁があって良いですね笑い泣き

 

◆Rouge Train JULLAN◆

 

オッドアイ猫最後に。。。かなり前になりますが、知人に頼まれて作ったジュランのCDジャケットの写真を載せて終了したいと思いますニコ音譜

 

オッドアイ猫当時は、まだCDRのディスクが1枚1000円~2000円で、プリンターやスキャナーも一体型の物は無く、完全に別で揃えていた時代です笑い泣き

 

オッドアイ猫PCも"Pentium 75MHz"と言う、当時の最先端のマシーン(笑)で取り込んで編集をして、YAMAHAの最上級CDRレコーダーで作ったCDですので、とても想いで深いものがありますニコニコ

 

オッドアイ猫その時、JULLANの全シングルとアルバムをCD化しましたので、その内の一部だけ載せます(クリックしても音は聞こえませんよっ笑) ニコニコ音譜

 

オッドアイ猫では皆さま、今日一日を有意義に、そして楽しく過ごして下さいねビックリマーク ニコ

 

オッドアイ猫また、すぐにブログを書きたいと思います爆笑音譜

 

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101323j:plain

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101339j:plain

f:id:AKIRASKYHIGH:20170510101356j:plain